みんなで大家さんだから安心【気軽投資は低金利からSTART】

女性

反面教師の3つのケース

マンション

事業として考える

マンション経営を検討している方は、失敗をしたくないと考えることでしょう。マンション購入は非常に高価であるため、多額の借り入れをする必要があります。マンション経営に失敗をしてしまうと、借り入れの返済ができなくなる恐れもあります。家賃収入を得ることで資産を築くマンション経営で、資産にダメージを与えては意味がありません。マンション経営での失敗例を参考に、成功するマンション経営を目指しましょう。マンション経営で最も多い失敗例が、事業として考えていなかったことです。特に相続税対策としてマンション経営を始めた方は、事業としての計画が欠けることが多いようです。そのため、相続税の節税分よりも多くの損失を抱えることになり、失敗してしまう例が後を絶ちません。マンション経営を検討している方は、あくまで事業として計画を立てることが重要です。

立地と金融機関を選ぶ

マンション経営での失敗には、立地選定を誤ったケースも多く見られます。不動産では、立地は非常に重要な要素です。その中でも賃貸不動産は、特に立地が重要となります。最寄り駅から5分から10分圏内である必要があるほか、コンビニやスーパー、銀行、郵便局なども徒歩圏内になければなりません。都心回帰の動きが鮮明になっている現代では、交通の便と住環境が整った立地でなければならないのです。また、金融機関を比較検討しなかったことも、失敗例に多く見られます。金融機関によって、金利は大きく異なります。また、金融機関によっては、優遇金利や優遇サービスを受けることができることもあります。金利のわずかな違いは、長い目で見ると大きな金利負担の差になってしまいます。そのため、少しでも有利な金利を受けるよう、複数の金融機関を比較検討することが重要です。