みんなで大家さんだから安心【気軽投資は低金利からSTART】

女性

資産価値が減りやすい

アパート

売却が難しいアパート

不動産投資の対象物件は、築年数が経っている場合、どれだけメンテナンスをしたとしても新築物件の登場などによって、賃料を安くせざるを得なくなってしまうことがあります。更には賃料が安くても借り手がつかなくなる事例も多くなっています。中には築年数が経っていても、外壁塗装などきちんと行なっていれば借りる人も勿論いますが、やはり新築に魅力を感じてしまう人もいます。ですので、不動産投資における理想は、賃貸マンションとして借り手にとっての魅力が落ちる前で、その時点での売却額がその後に期待できる収益額よりも大きい間に売却することです。このタイミングで売却をできないと、売却額も収益力も共に落ちてしまい、ローンを組んで不動産投資物件を購入していた場合は、期待できる売却額、収益額ともにローンを完済する額に至らず、不動産投資に失敗してしまう事例となりかねないのです。そして木造のアパート経営をする際に失敗しやすい事例が、マンションと比べて資産価値の減り方が早いために、売却を前提としていたにもかかわらず希望する額での売却ができず、大幅に販売価格を下げざるを得ないか、あるいはそれでも買い手がつかないという事例なのです。そういったことにならないためにも、失敗の事例を多く知っておくことが大切です。どういう経緯で失敗したのかを知っておくと、自分で失敗しにくくなるでしょう。

売れない前提での投資

アパート経営を検討する際に失敗しないために認識しておくべきことは、投資用に木造のアパートを購入した場合、アパートとして売却することを前提にした収益計画では不動産投資に失敗してしまうリスクがかなり高いという実情を念頭に置いておくことです。アパートとしての売却ができないということは、アパート経営が成立するだけの収益力が無くなった際には、更地にして売却するか、新たな建物や施設に土地を転用することが必要となるからです。更地として売却しても、もしくは新しい建物や施設に土地を転用するだけの費用を支出しても損益分岐点を上回るだけの利益を収益力がある間に残すことができる物件なのか否かを、アパート経営を行うかどうかを判断する段階で見極めることが大切なのです。